あんもなさん家

猫シェルターからやってきたBIGな兄弟猫+その周辺。ミニマリストの猫との暮らし。

チャールズにずっとのお家ができました

1か月間のトライアル期間を終えて…

預かりっこチャールズ、正式譲渡と相成りました~~~~!

 

「おじゃましま~す」

里親さんのお宅に向かい、挨拶をしたら…

え、遠っっっっっっ

 

…チャールズ、忘れちゃったんだね(笑)

チャールズ「え?チャールズ?違うよ!僕、白手袋っていうんですけど!」

f:id:cumicumi100:20190303153406j:plain

ああ、そうだった、「白手袋」って名前をもらったんだよね。失礼、白手袋君。

…そしてこの後サクッと逃げられました。

元々の保護主さんも一緒にうかがったのですが、彼のことも、我が家夫婦のこともすっかり忘れているようです。

いいんだいいんだ、もう私らのことなんか忘れてくれて。

今のお家が幸せな証拠ですよ、ほんと!

 

チャールズをもともと保護したNさん、一時預かりの我が家、そして現在のお家の里親さんTさんご夫妻が一堂に会するお席。

3者合同での調印式(笑)は、なかなかないのではないでしょうか?

偶然にもみんな徒歩10分圏内のご近所だったことから、不思議なご縁を感じました。

Nさんも私たちも、隣の市まで譲渡会に足を運んでいたのに、ご縁はこんなに近くにあったんですね。

 

ご主人のやるゲームが大好きで…

f:id:cumicumi100:20190303153416j:plain

特撮もののテレビも大好き…

f:id:cumicumi100:20190303153430j:plain

可愛いT家の男の子として、大事にだいじに育てていただいています。

f:id:cumicumi100:20190303153424j:plain

立派になりやした、ええ。

この腕の太さは、将来のあんこ的なデカさを予測させますなあ。

 

おっと!チャールズにはもう一人(一匹)大事な仲間がいたんです▼▼▼

先輩猫「豆大福ちゃん:通称マメちゃん」。

 

チャールズはかなりマメちゃんに遊んでほしいみたいですが、マメちゃんは結構ドライなご様子。

でも相性は悪いことはなく、喧嘩ごっこらしきものをしたり、エサの催促の方法を教えてもらったりと、親交を深めつつあるそうです。

 

ご夫婦とお会いして、完璧と思っていた私が唯一心配していたのは、先住猫さんとの相性。しかし、こういった動画を見ると大丈夫だなと安心できるようになりました。

ご近所で、大きなお家で、猫トイレを4つも用意してくれるような温かいお家。

こんな完璧な里親さんは他にはありません!!本当に感謝あるのみ!です。

 

そして、調印式のあとはさらっとマメちゃん、チャールズ…いや、白手袋君に挨拶をして我が家へ。

というのも、里親さんのTさんの奥様があんもなを非常に気に入ってくださり(笑)、あんもなを囲む会を決行したのであります。

あんこ「はじめまして、なんかください」

もなか「あんこ、アホもな~。この方、前にもいらしてたもなよ~」

f:id:cumicumi100:20190303153409j:plain

ちゃっかりお土産のおやつ、フードまでいただいてしまいました、恐縮です💦

 

奥様「ほんっとにあんもなちゃん、可愛いですね!美しいですね!もちのようですね!!!

あんこ「美味しいものくれたし、いいよォ、もっと触っていいよォ~」

みんなに囲まれて調子に乗るあんこ。

f:id:cumicumi100:20190303153413j:plain

 

え、あんこ、どうしたの?

あんこ「あはははははは、マジウケる~いい匂いなんですけど、ウケるんですけどォ~~~!あははははは…

突如、奥様の服の匂いで、ぐでんぐでんになるあんこ。

え?何やってんの、あんこ!?

f:id:cumicumi100:20190303153401j:plain

なんと奥様の服に”またたび”の匂いがついていたようで…べったりよだれをつけていました。(ほんとすいません💦)

あんこ「ウケるんですけど、パーカーマジいい匂いなんですけどォ~~~あはははははは…」

 

そんな様子を見ていたもなかも負けじとベンチにゴロン。

あんた…普段そういうキャラじゃないじゃない…

もなか「もな、美味しいものもらいましたもなから、サービスしますもなよ~」

f:id:cumicumi100:20190303155902j:plain

やっぱり猫好きな人というのは分かるんでしょうかね。

ご主人「チャールズは家にいるから安心してね」

もなか「チャールズって誰でしたっけもな~?」

…。

うん、多分あんたらも忘れてるよね。

いいんだいいんだ。いまを生きる猫たち。いましか考えない猫たち。立派ってぇもんよ。

 

なんて言いつつ、いずれタイミングを見てまたTさんご夫妻とともにチャールズが来てくれたら楽しいだろうな、なんてぼんやりと思っていたら、奥様が

「キャリーバッグに白手袋君入れて来たいと思います」なんて言ってくださって…私は涙が出そうになったのでした。

 

ああ、本当に良いご縁があってよかったね、チャー…白手袋君!

Tさんご夫妻、本当にありがとうございました。

友人知人の少ない夫婦ですので、今後友人としてもどうぞよろしくお願いしますという、どさくさに紛れたお願いをする我ら夫婦でありました。

 

※白手袋君の画像はTさんよりいただいたものを使用しています。いつもマメにお送りいただき本当にありがとうございます!どうぞご無理なさらず…♪