あんもなさん家

猫シェルターからやってきたBIGな兄弟猫+その周辺。ミニマリストの猫との暮らし。

3.11。忘れちゃいそうになるけれど

今日は2011年3月11日の震災から8年ですね。

あんもなが生まれたのは、2012年5月なので、震災当時は生まれていなかったんだ。

そう思うと感慨深いものがあります。

 

8年前のあの日、私が一緒にいたのは、ジャカルタ出身の猫きなりさんでした。

このヒト▼

f:id:cumicumi100:20190311094403j:plain

きなり「ジャカルタの路上で会ったのよね!今はりんごちゃんの実家で溺愛されてるの」

気の強い、海外帰りの猫です。多分シンガプーラミックスで、妖精みたいで、聡明で…あと…あと…

 

目がとっても離れてる(笑)

 

そう、そんな彼女と私は、ジャカルタにて日本の大変な様子をテレビで見ていました。

それから帰国し、しばらくすると大震災のことは忘れがちになってしまうのですが、ずーっとずっと、福島の動物を保護されていた方がいらっしゃいます。

 

動物救援隊ー福島原発地域に残された命の活動ー

f:id:cumicumi100:20190311094058j:plain

※画像は動物救援隊さんよりお借りしました。

 

東北から離れた地域に住む私たちは忘れがちになりますが、いまでも福島の猫や犬や、命をつなごうとされている方がいらっしゃいます。

毎日ずーっと考えるのは難しいかもしれないけれど、ちょこちょこと思い出すこと、知ること。

それが私たちにできることの第一歩になるのかなと思いました。

 

そうそう!

Yahooさんの 

検索で寄付「いま、わたしができること」が、今日11日のみできるそうです。

あわせてごらんくださいませ~!

 

改めまして、震災で消えてしまったすべての命へのご冥福をお祈りします。

そして、震災後、ずっと活動を続けられている方に感謝を申し上げたいと思います。