あんもなさん家

猫シェルターからやってきたBIGな兄弟猫+その周辺。ミニマリストの猫との暮らし。

あんもなのつなぐご縁

あんこもなかもこんな時代がありました。

 

天使たち!

一番左にいるのがもなか、右上の白黒があんこですね。

f:id:cumicumi100:20190313174921j:plain

まさかまさかのご縁で、最近、保護された当時のあんもなの面倒を見てくれていたOさんという方と、直接つながりができました。

 

実は、あんもなの経歴はちょっと複雑。

2011年5月に松本の保健所から保護され、Oさんへ

そのあと、7月に1人目の飼い主さんに引き渡されたんですね。

しかしその後、引っ越しを理由に手放すということで、今度は長野市にあるシェルターへ。

何度かトライアルまではしたそうですが、なかなかご縁がつながらなかったそうで、「この2匹、お願いできない?」という打診を受け、当時(4年前)結婚したばかりの私たち夫婦のところに来た…という経緯があります。

 

なかなか定住先が見つからず彼らも不安だったと思います。

何度か参加した譲渡会では大きな身体をくっつけて、心細そうにしていたそうです。

その時のあんもなのことを思うと、今こうして書いていても涙が出ますし、ボランティアでつないでくださった皆様にはどう感謝してもしきれません。

 

本当にありがたいことです。

あんもな以外にも多数いますが、兄弟ですね。今はみんな別の場所で幸せに暮らしているそうです。

ご縁をつないでくださって、本当に有難うございます。

 

さて、ついでなんで、見ていってやってください。(むしろここからが今日の本題)

こうしてあんもなの子猫時代の写真があることからも、彼らがいかにたくさんの方に助けられ、愛されてきたかが分かります。

 

もなか生後2か月くらい。

ああ、なんて可愛いんだ!親ばかじゃないですよね?

皆さん、可愛いと思ってもらえますよね!?(必死感)

f:id:cumicumi100:20190313172051j:plain

 

それがこうなる。

▼▼▼

 

f:id:cumicumi100:20190313172106j:plain

もなか「寝起きもな~まだまだ寝足りないもな~

 

あんこ。生後2カ月。

寝相はまあまあ今と変わらないかな?

天使の寝顔です。

f:id:cumicumi100:20190313172053j:plain

 

それがこうなる。

▼▼▼

f:id:cumicumi100:20190313172054j:plain

あんこ「もォ食べられないよォ…血行良すぎて腹ピンクってカンジ?…ぐおー…ぐおー…

※本当にいびきがひどいんです。

 

Oさん、なんかすいません。

大きく大きく育て過ぎちゃいました!!

そして、なっかなか痩せません。(もなかはまあ標準体重6.5Kg、あんこは…どうやっても8.5Kgを下回ることはありません)

こんな測りみたいのに乗る時代もあったのになあ!

f:id:cumicumi100:20190313172739j:plain

まあ~、幸せそうなのでどうか許してやってください。

暖かくなってきたら、ダイエット本腰入れますから!