あんもなさん家

猫シェルターからやってきたBIGな兄弟猫+その周辺。ミニマリストの猫との暮らし。

いつの間にか年上

\はじめましての方はこちらからどうぞ→

 

連休明けの1週間。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は頭痛と戦いつつ…新しい仕事に早くも挫折しそうです(笑)

でも、とにもかくにも金曜日!!

 

今週数日間はまた、実家に帰ってました。

そこでの、インドネシア猫きなりが庭で遊ぶショットをご紹介します。

きなりについてはこちらから→

 

そういえば7年前のこのくらいの時期。

一緒に日本に帰ってきたのでした。

 

きなり「たまに帰ってきてはあたしのとこ追い回すんだから。

でもいいわよ、たまには庭でも散策しましょ」

f:id:cumicumi100:20190510172156j:plain

 

「ずいぶんあたしも日本庭園が似合うようになってきたでしょ?」

f:id:cumicumi100:20190510172158j:plain

うん、相変わらずシンガプーラ特有の離れ目だけどね。

 

「あたし、来日してもう7年よね。

っていうかこの池、何もいなくなっちゃったわね!ダメね!」

f:id:cumicumi100:20190510172159j:plain

 

つまんない!

f:id:cumicumi100:20190510172200j:plain

あーあ、きなりさん、やっぱりへそ曲げちゃった(笑)

相変わらずというか・・・年々わがままになってくのが気になります。

 

私とジャカルタにいたときはこんなじゃなかったのにな~。

なんでこんな性格になったんだろう?

 

→答え:両親が甘やかし放題だから!!


数秒ですが、動画も撮影しました。

 

実家から、「あんもなさんの待つ家」に戻るときにはやっぱり寂しいです。

きなりを遠くから連れてきておいて、ずっと一緒に暮らせないなんて飼い主としてどうかなーと思うこともあります。

けれど、きなりがこちらにいたらあんもなとは出会うことはなかっただろうし…

 

なんて答えの出ない悩みを悶々と考えてしまいがちですが、きなりともちょくちょく会えて、あんもなとも出会えて…というこの環境を楽しもうかなと楽観的に考えることにしてます。

 

きなりも今年8月で9歳。

人間で言うと40代後半です。

生後2か月のときからのお付き合いなのに、いつの間にか年上になった彼女。

嬉しいような、寂しいような。

 

これからもこの距離で見守っていくのだなと思います。

 

きなり「もう~、あたしが見守ってるの、わっかんないのかしらね!

f:id:cumicumi100:20190510181034j:plain

 

そっか、そうだね。

きな姐さん、いつもありがとうございます!