あんもなさん家

猫シェルターからやってきたBIGな兄弟猫+その周辺。ミニマリストの猫との暮らし。

懐かしのチャールズ! その2

\はじめましての方はこちらからどうぞ→

 

昨日は思わず勢いでアップしてしまった元預かりっ子チャールズ改め白手袋君の帰宅のこと。

「懐かしのチャールズ!その1」はこちら→

今日はその詳細について語らせてください。

 

今年の2月上旬に、仮の住処(ここ、あんもなさん家ですね)での3カ月ステイを終え、終の棲家「Tさん宅」へと旅立っていった白手袋君。

 

なんとここから徒歩5分という距離への超ラッキーなご縁でした。

なので、里親となったTさんとは、「せっかくだからまた”白手袋君の帰省”なんてのもしたいですね」と話しておりました。

 

それが見事現実のものとなり…

昨日の再開劇となったのです!

 

5月11日18時ちょうど。

Tさんは白手袋君をキャリーケースに入れてやってきてくれました。

徒歩で。

これぞスープの冷めない距離ってやつです。

 

キャリーケースを開けると一目散に白手袋君が走っていったところ…

それは洗濯機の裏!!

 

「あっ、やっぱり忘れてますね~」

「まあ慣れるまで放っておきましょうか」

そんな感じでのんびり構える飼い主たち。

 

一方あんもな、作戦会議をしてました。

あんこ「もな、この洗濯機の裏に黒っぽい猫がいたよ!

オレ、あいつと…

どこかで会ったことがある気がする!」(`・ω・´)キリッ

f:id:cumicumi100:20190512172525j:plain

ああ、そうだよ。

あんたら、一緒に3カ月くらい暮らしてたじゃん。

 

もなか「あんこ、落ち着くもな…

もなが援護するもな…(びくびく)」

 よし、挟み撃ちにするもな

f:id:cumicumi100:20190512172601j:plain

ちょちょちょちょ、やめてくれ。

あんたら、白手袋君が怖がっちゃうじゃないか。

 

結局、エサとTさんの優しい声につられて出てきた白手袋君。

ああ、大人顔になったね!

お別れして3カ月。

もう生後7カ月になるんだもんなあ。

でも…なんか…言いづらいんだけど…

 

大きくなったというより…

胴だけが伸びてるよね?

f:id:cumicumi100:20190512172741j:plain

Tさんも、

「そうなんです、なんか胴とか、横には伸びてるんですが…」

とのこと。

こりゃ、アレですわ。

あんこ系。

顔はやけにシュッとしてるのに腹回りだけ成長しちゃうパターン。

f:id:cumicumi100:20190512172809j:plain

あんこ「あっ、あっ!

ねえ、いま、オレの悪口言ったね?

オレ、分かってるよ!デブって言ったね?

 

でも、元気でいてくれれば何でもいいです!

それにほら、写真を並べると、この通りちゃんと大きくなってるのが分かりますよね!

 

昨年12月頃

f:id:cumicumi100:20190512172904j:plain 

今回の帰省時

f:id:cumicumi100:20190512172928j:plain

あんこの半分以下だったのに、こんなに大きくなったんだね。


 

 その後の白手袋君は…

大好きだったソファの下からおもちゃの誘惑に勝てず手を出してみたり…

f:id:cumicumi100:20190512173023j:plain

階段を走り回ったりするうちにすっかり思い出したようで、2階の猫トイレでしっかり用を足してました(笑)

 

そしてこんな懐かしいショットも。

f:id:cumicumi100:20190512173044j:plain

 

こちらは昨年のもの。

f:id:cumicumi100:20190512173046j:plain

わたしゃ懐かしさに、涙がこぼれそうになりましたよ。

 

そしてお帰りの時間。

 みんなでちゅーるタイムをして…

と言いたいとこだけど、ちゅーるを食べたのはウチのアンポンタンたちだけで、白手袋君は遠慮してしまってました^^;

f:id:cumicumi100:20190512173130j:plain

こんなにお土産も。

猫にも人にも、色々ごちそうさまでした!

f:id:cumicumi100:20190512173351j:plain

本当に良い飼い主さんに出会えて、猫も、私たち人間も安心してます。

どうぞ今後とも末永くよろしくお願いします。

 

もなか「預かりを通して猫の輪が広がるって…最高もなね~♪

f:id:cumicumi100:20190512173455j:plain

※ちなみにもなかのこの表情。

私と二人っきりになって甘えたいときの顔です。

「私は一切、もなかのこんな顔見たことのないです(涙)」ー夫談

 

猫ってのは不思議なもんです。

私のアレルギーもあるし、あんもなも当時は体調がよくなくて「やっぱり猫は3匹が限界」と思いつつ、離れるときは寂しくて。

たった3カ月一緒に暮らしただけなのに寂しくて。

 

でも、こうして人と人をつなげてくれるなんてこともしてくれる猫の力。

いろんな意味で猫には力があるなと思います。

だから猫との暮らし、やめられないんですよね!

 

 

<オマケ>

日が開けて今日の朝。

 

あんこ「アレ?アイツ、ここにいたよねぇ?

もなか「おかしいもな…あっ!2階かもしれないもな!

あんこ「よし、行こう」 

f:id:cumicumi100:20190512173804j:plain

まだ昨日の訪問を引きずってる2匹がいました。

 

いい、いい。

あんたらのその、ワンテンポ遅れな記憶力。

今日も笑わせてもらったよ!!

やっぱり猫との暮らし、やめられない~♪