あんもなさん家

猫シェルターからやってきたBIGな兄弟猫+その周辺。ミニマリストの猫との暮らし。

スコティッシュ疑惑

\はじめましての方はこちらからどうぞ→

 

最近のあんこのお気に入りの寝床。

ウォークインクローゼット。

 

なんだけど…

こりゃ一体どうしたんだい?

f:id:cumicumi100:20190616193453j:plain

ぐちゃぐちゃじゃん!

いくらだいずさんでもこんなに散らかさないよっ!

下着に靴下に、箱から出しちゃだめじゃない~💦

 

あんこ「ん~、んん~?もながこの箱に入るって言うからさァ~・・・

え?もなか??

 

あら、ほんとだ!

珍しいところに入ってるね?もなか?

f:id:cumicumi100:20190616193510j:plain

 

 

もな「ここ、入っちゃいけなかったもなか~?

うう~ん、もなかにそう言われるとなあ…

ホントは良くないんだけど、まあ~だいずさん用の箱だし、いいか~(笑)

f:id:cumicumi100:20190616193513j:plainあんこ「なんだよォ~、オレのとこは怒るくせに~

えへへ、もなか贔屓でごめんね。

あんこ、それに君、何度言ってもほっくりほっくりやめないんだもん。

 

 

それにしても、もなかのこの座り方、初めて見たよ。

もなか「スコ座りってやつもなよ~

f:id:cumicumi100:20190616193515j:plainえっ?あのスコティッシュフォールドのよくやるやつ?

う~ん、可愛いんだけどさ、もなか、コレ知ってる?

なぜ炎上?HIKAKINが飼い始めた人気猫種の、知られざる悲しみ

(中略)

…しかしこの座り方(スコ座り)は、脚に体重をかけると痛いため、彼らは苦渋の策として、脚を前に投げ出しているだけだ。また、プレーリードックのように“後ろ足だけで立ち上がる”しぐさも、痛みでジャンプができないがために、立ち上がって遠くを見ているしぐさでもある。“穏やかでおとなしくあまり動かない”のも、脚が痛かったり、関節に異常があるため活発に動けないだけなのだ。

Frauより

 

そうなんです。

スコティッシュというのは人間が創り出した種類。

本人(スコティッシュ)たちは一生痛みを抱えていく猫も少なくないのだそうです。

 

もなか「そうだったもなね~、もな、なんか申し訳ないもな…

f:id:cumicumi100:20190616194532j:plainううん、世の中知らない人の方が多いだろうからね。

もなかが知らなくても当然だよ。

私も去年とか2年前くらいに初めて知ったんだ。

(ちなみにもなかがこういう座り方をしたのは、”狭かったから”という理由のようです^^;)

 

あ、そう言えば、うちにはマンチカンもいたね~。

あの足の短い種類。

f:id:cumicumi100:20190616195045j:plain

※画像はにゃんこ研究所よりお借りしました。

 

ほら、コレ。

ネコ科ホルスタ種「アンチカン」!!

f:id:cumicumi100:20190616193518j:plainあんこ「短足って言いたいワケぇ?

 

ええ、ええ、うちにいるのはフツーの種類。

でもそんなのどうでもいいじゃないですか。

世界にただ一匹の「あんこ種」「もなか種」「なつめ種」で💕

 

\楽天でのお買い物はこちらからどうぞ/

購入者様のポイントが減ることはありません。

貯まったポイントは保護猫ボランティア活動に使わせていただきます!