あんもなさん家 ~猫多頭飼い+ミニマリストになりたい夫婦~

猫シェルターからやってきたBIGな兄弟猫+なつめ+その周辺。2015年から一緒に暮らしています。

お札、お守り、お手紙

\初めての方はこちらをどうぞ/  

オトートの葬儀以来、坊主=Fuckingとしか思ってなかったのですが(すいません、仮位牌があまりに下手で戒名の意味も分かってなかった坊主なもんで!)…世の中には良いお坊さんっているものなのですね。

先日、インドネシア時代の先生からのご縁で、神奈川にあるお寺さんとのご縁をいただきました。
「阿闍梨」というお坊さんのさらに先生みたいな位をもつ、火渡りとか断食とかしちゃう、ガチのすげえお坊さんです。(語彙力…)

せっかくなので弟の一周忌のお参りと家族のためのご祈祷をお願いしたところ、お札を送ってきていただきました。

あんこ「ちゅーる?」
もなか「木のちゅーるもなか?」f:id:cumicumi100:20210717130204j:plain

初めて見るお札に、若干興味ありそうな3匹。

なつめ「みんなバカね。願い事が叶うちゅーるよ」f:id:cumicumi100:20210717124821j:plainOK。みんな、一旦冷静になろうか。

 

早速お寺宛てにお礼の電話をしたら、「ああ、りんごさん」と声でわかってくださいました。
びっくりしてたら、さらに続けてこう仰いました。
「もちろん覚えてますよ。無事に弟さんターさんのご祈祷が終わりましたので、お送りいたしました。そうそう、ターさんのご命日も、昭和〇年5月〇日というお誕生日ももちろん覚えてますからね」

人生最大のストレスとも言える身内を失うこと。
そんなときに支えてくれる聖職者。

これこそ、宗教家だよなあ、ありがたいご縁だなあと、ありがたい気持ちになりました。f:id:cumicumi100:20210717132403j:plain

そういえば、先日、ご近所猫仲間のYさんからもお守りとお手紙をいただきました。
私にではなく、両親宛てに。
「何よりも両親のことが心配」と私が話していたことを覚えてくれたのでしょう…Yさんの心遣いに涙が出そうでした。

阿闍梨さんからのお札に、Yさんからのお守りとお手紙。
これらは、我が家の家宝です。

ターを亡くしたことは私たち家族にとってこれ以上ない悲しみですが、寄り添ってくれる方、それから毎日笑わせてくれる猫たちに感謝です。


楽天・アマゾン・Yahooでの
お買い物はこちらからどうぞ

ここから経由してお買い物いただく

購入金額の数パーセントが私に入る

私がまとめてボランティア団体などに寄付させていただく
という流れです。
購入者様のポイントが減ることはありません^^ 

にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ